基礎ゼミⅠ&Ⅲの様子を紹介します!③

こんにちは!2年生の伊藤大輝です。

 

先々週からこの学生ブログに新しい仲間が増えました~!

1年生ながらしっかりとした記事を書いてくれたので,私も見習わなければならないと感じました…。

これからも頑張って更新をしていきますので,ぜひ読んでいただけたら嬉しいです♪

 

私たちの基礎ゼミの様子

今回も基礎ゼミI&IIIの様子についてお届けしようと思います!

 

先週までの記事はこちらから↓

基礎ゼミⅠ&Ⅲの様子を紹介します!①

基礎ゼミⅠ&Ⅲの様子を紹介します!②

 

今回取り上げる基礎ゼミのテーマは,「学びと未来」というものです。

このゼミでは,広く「学び」というものについて研究を進め,それらを論理的にまとめることが目標となっています。

 

私たちのグループでは,その広い「学び」の中でも,特に幼児期における家庭教育に着目しました。

幼児期に家庭で行われる教育は,その後社会の一員となっていくときに非常に重要なものとなっていきます。

このような教育が行われないと,常識やモラルを身につけることができなくなり,社会に出た時に円滑な人間関係を結べないなどのトラブルの原因となってしまうこともあります。

そのため,私たちはどのように家庭教育を行っていくべきなのか,また親はどのような家庭教育を理想としているのか,それらと比べて現実はどのようになっているのかを調べていこうと考えています。

話し合いの様子です

2年生から見たグループの様子

この基礎ゼミI&IIIという授業は,1年生と2年生が合同で活動しています。

今回は2年生の立場から,私がグループワークの中で感じたことを挙げていきたいと思います!

 

まず,1年生がとても積極的に話し合いに参加してくれたことです。

基礎ゼミの授業が始まる前は,大学に入学したばかりの1年生がどこまで意見を出してくれるのかが非常に不安だったのですが,そのような不安は杞憂に終わりました。

また1年生は,私たち2年生にはないような視点を持っているため,話し合いをしていて勉強になることがたくさんありました。

それと同時に,私たち2年生が,話し合いをどのようにして進めていけばよいのかを考える難しさを実感しました。

議論が煮詰まってきた時に,この状況を脱するために自分が何か意見を言わなくてはいけないと感じても,うまく言葉にできないということが何度もありました。

このような状況に陥った時に,どのようにしたら乗り越えて議論を進めていくことができるのかをもう少し考えていかなくてはいけないと私は感じました。

 

終わりに

2年生になると挙げられた意見をまとめたり,話し合いをどのように進めていかなくてはいけないのかを考えたりしなければいけないなど,1年生の時とはまた違った難しさがありました。

今やっている基礎ゼミIIIや,これから始まる基礎ゼミIVを通じて,少しずつファシリテーションする力を身につけていきたいと考えています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

伊藤大輝