実録!フィールドスタディーズ!(フィールドスタディーズサポート)

皆さんこんにちは!創生学部2年の後藤翔太郎です!

暦の上ではジュライになりまして、すっかり暑くなってきました。
受験生の皆さんは勝負の夏が近づいているのではないでしょうか。
同じ創生学部の学生として、新潟大学で会える日を楽しみにしています。

さあさあ、本題と行きましょう!本日の記事はフィールドスタディーズについてです!

フィールドスタディーズとは

フィールドスタディーズとは、創生学部の学生が1年次に行う学外学修のことです。大学を出て、企業や行政など、様々なフィールドにて約2か月間活動します。そのフィールドにて、学生自身が課題を発見して、グループワークやフィールド先の方と協働することで、様々な企画や提案をすることを目的としています。

私は2年生なので直接今年度のフィールドスタディーズに参加することはありませんが、フィールドスタディーズサポートの一員として関わっています。

活動風景の一部を紹介!

今回私はフィールドスタディーズサポートにて担当している大学連携新潟協議会のグループの活動風景を紹介します。ひとえにフィールドスタディーズといっても、フィールド先は多岐にわたっているので、その活動の仕方はグループによって全く異なります。企業へ赴き、そちらでほとんど活動するグループもあれば、学修室でグループワークをすることの多いグループもあります。

グループで意見を出し合っています(許可を頂いて撮影しています。)

今回の大学連携新潟協議会のグループはキャンパスからの提言という新潟市が主催するイベントに参加し、「学生が普段思っていること、新潟市がもっとこうだったらいいのになあ」といった意見を軸に政策提言をします。「普段思っていること」を改めて考えるのは中々難しいようで、和気あいあいとした雰囲気ながらもまだまだ困惑している様子でした(笑)

キャンパスからの提言フォーラムは8月26日(日)に開催されるそうです。入場無料ですので、是非皆さんも見に来てください!

↓リンクはこちら↓
キャンパスからの提言~新潟市ホームページ~

最後に

以上が今回の記事となります。グループワークをする1年生達を見て、昨年度の自分達を思い出し、懐かしい気持ちになりました。
これからも学生ブログは更新していきます!今回紹介した以外のフィールドも紹介していきます!お楽しみに!!