キャンパスからの提言フォーラム!

みなさんこんにちは!創生学部2年の後藤翔太郎です!
時の流れは早いものでもう9月ですね・・・。
私事ですが、先日体調を崩しダウンしていました。苦しかった・・・(汗)
まだまだ暑い日が続き、夏バテ気味の方もいると思いますが、しっかり食べて、しっかり寝て、まだまだ暑い今日この頃を乗り切っていきましょう!

さてさて、そろそろ本題に移りましょう。今回の記事は8月26日に開催されたキャンパスからの提言フォーラムについてです!

キャンパスからの提言

キャンパスからの提言とは新潟市の主催しているイベントです。新潟市をより良くするために、学生目線からの意見を聞いてみよう!というのが狙いです。以前の記事でもこのキャンパスからの提言について触れているので、是非チェックしてみてください!
↓リンクはこちら↓
実録!フィールドスタディーズ!(フィールドスタディーズサポート)
今回、第二タームに行われたフィールドスタディーズの一環として、創生学部から4人の学生がこのフォーラムに参加しました!

いざ本番!

私は昨年度のキャンパスからの提言に参加したのですが、会場である新潟市役所に足を踏み入れると、1年前の記憶がよみがえり懐かしくなりました。創生学部の学生たちはトップバッター。他大学の学生や外部の方がいる中、少し緊張しつつも和やかな雰囲気で発表は始まりました!

発表が始まりました!
(写真は掲載許可済みです)

タイトルは遊んで暮らそう!でした。・・・いいですねぇ、私も遊んで暮らしたいです。自分達が日ごろ思っていること、夢や願望を叶えるためにどうすれば良いかという今回のキャンパスからの提言の趣旨に沿って話し合った結果、「遊んで暮らせたらいいなあ」という思いが強かったということからこのタイトルにしたそうです。(その他には、「石油王と結婚したい」など、ユニークなものもありました笑)
そんな学生自身の思いを軸に様々な調査やヒアリングを通して、遊びの時間を確保しながらも働く自分のスタイルにあった働き方を見つける、これが大事だという結論に至ったそうです。このフォーラムに至るまで、議論が煮詰まったりと紆余曲折がありながらも、「遊んで暮らす」、そのための解決策として提案したのが・・・

カレジニア!(写真は掲載許可済みです)

大学1年生や2年生を対象に、カレジニアというイベントを開くことです。
カレジニアとは、企業と提携し、業種(大変な業務から楽な業務まで)賃金(高賃金から低賃金まで)労働時間(1日4時間もあれば8時間労働もある)の3つのカテゴリーを組み合わせて、職業体験を行うといったものです。それぞれの段階に1から3のポイントをつけ(負担が少ないほどポイントが高い)、➀合計6ポイントになるようにする、➁各カテゴリーでポイントが被ってはいけない、このようなルールで参加者自身が体験する内容を組み立てていくというものです。
このカレジニアを通して、参加者は自分が何を重視するのか(賃金?労働内容?労働時間?)、どんな働き方が自分にあっているのか(とにかくガッツリ稼ぎたい!or収入はそこまで多くなくてもいいから長時間労働は避けたい!等)を体感することが出来るというものです。
4人の学生はこのカレジニアの利点や魅力、それに伴う波及効果などを、工夫を凝らしてプレゼンしていました。

発表中の様子です(写真掲載許可済み)

最後に

今回は紹介出来ませんでしたが、他大学の学生の発表も、「新潟での出会い」、「女性に優しいまちづくり」、「新潟の農をもっと若者に!」などとても見ごたえのある内容でした!学生自身が日ごろ感じていること、自分が好きな物を軸にプレゼンが作られているため、斬新ながらも共感できるアイディアが多かったなあという印象でした。今回参加した創生学部の4人の学生は、「大変だった時もあったけれど、充実していた。」と他のフィールドよりも長く続いた活動が一区切りついたということで、達成感に溢れている様子でした。これにて、第二タームから続いたフィールドスタディーズのすべての班が活動を終了したことになりました。本当にお疲れ様でした!

お疲れ様でした!(写真は掲載許可済み)

拙い文でカレジニアの特色、発表の魅力を紹介しきれなかった部分はありますが・・・。これからも創生学部にまつわる情報をどんどん発信していきます!次回の記事に乞うご期待!!

後藤翔太郎