ネコを連れて……?

こんにちは!舟木愛由です。
だんだん寒くなってきましたね~(>_<)

今回のタイトル『ネコを連れて……?』ですが、何のことやらと思った方がほとんどだと思います。

とってもかわいいですね(^^) ※写真は掲載許可済みです

じゃーん!これがネコです。
つまり、ネコを連れて=このネコをゼミにもってきて ということです!これは、担当の熊野先生からのメールに由来しています!
このネコ、普通のネコではありません。何に使うのかというと……

プログラミング!

今回の記事は、基礎ゼミⅡ&Ⅳ「科学技術と社会」ゼミで扱われたプログラミングについてです。
基礎ゼミⅠ&Ⅲ「科学技術と社会」ゼミの記事はこちら↓
基礎ゼミⅠ&Ⅲ 科学技術と社会

このゼミでは、前半と後半に分かれていて、私は前半、熊野先生にご指導をいただいたので、その内容について紹介したいと思います!

熊野先生の授業では、『Scratch』というプログラミング言語・オンラインコミュニティを用いて、プログラミング的思考を身につけることが目的でした。

皆さん、プログラミング的思考という言葉を聞いたことがありますか?
プログラミング的思考とは、自分が意図する活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要なのか、どのように組み合わせたら良いのか、どのように改善していけばよいのかということを論理的に考えていく力のことです。

授業の中では、主に2つの課題に取り組みました。
じゃんけんをするプログラミングを作るじゃんけん課題と、自分で考えて作品を作る自由課題です。

じゃんけん課題の画面です。

これがScratchの画面です!
左側(リスがいるところです)がプログラミングを実行する画面で、
真ん中にプログラミングに使うパーツがあり、それを右側にドラッグしていきます。
そして右側にプログラミングのかたまりを作っていきます!

じゃんけん課題は難しかったですが、他の学生との協力や熊野先生のアドバイスのおかげでなんとか完成させることができました!

そして肝心のネコですが、このじゃんけん課題で使いました。
スライダーという、ネコの画像だと口のように見える部分(口にしてはだいぶ大きいですが)が左右に動かせるようになっていて、そこを動かして自分の出す手を決めるようにプログラミングしました。
さらに、じゃんけん課題には使いませんでしたが、このネコには音や光のセンサー、ボタンもあります。高機能なネコですね!(^^)

自由課題、発表会!

第3タームの基礎ゼミ最終日であった11月16日に、自由課題の発表会がありました!

発表の様子です。これは間違い探しで、とても面白そうでした!※写真は掲載許可済みです。

このように一人ずつ前に出て、自由課題で作ったものを発表していきました。

これはゴキブリから逃げるゲームで、設定が面白かったです!※写真は掲載許可済みです。

私が作ったのは着せ替えをするゲームでしたが、シューティングゲーム、落ちてくるものを拾うゲーム、迷路、間違い探し、誕生日を祝う動画などなど、たくさんの面白い作品がありました(^^)

プログラミング的思考

私は、プログラミングの授業を通して、順序立てて考える力1番適切なやり方を考え、選ぶ力が身についたように感じます。
じゃんけんの課題では、最初から順番に考えないとプログラミングをするのが難しかったです。また、私のプログラミングが見本よりもわかりにくかったり、指示が重複していたりしたことがありました。しかし徐々に慣れて、簡潔にわかりやすくできるようになりました。
自由課題では、自分がしてほしい動作や指示を、習ったところで応用したり、授業中に扱わなかったところを使ったりして思い通りにプログラミングすることができました。
今回プログラミングで得た力を、これから物事を考えるときにもいかしていきたいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の記事もおたのしみに!(^^)

舟木愛由