ネイチャーアクアリウムの世界

 

こんにちは!髙橋千鶴です。

最近見ようと思っていた映画が直前で公開終了になってしまいショックを隠し切れません…

公開期間は確認しないとですね、、!

今回はネイチャーアクアリウムについて記事を書きたいと思います。

 ネイチャーアクアリウムとは

さて、突然ですが、“水景クリエイター世界のアマノ”として世界から愛された天野尚(あまのたかし)さんをご存知ですか?

この方は、水槽の中に生態系などの自然要素を取り入れ、まるで大自然を切り取ったかのような景観を作り出すといった独自の水槽レイアウトスタイルである「ネイチャーアクアリウム」を作り出した方です。(ちなみに新潟県新潟市(旧巻町)生まれで写真家、実業家、元競輪選手といった経歴の持ち主でもあります!)

ネイチャーアクアリウムは、室内空間に自然界の水中風景を作り出すことができ、またビジュアル面でも大変美しいため、癒し効果が期待されます。ビルのエントランスやカフェ等で見たことのある人も多いのではないでしょうか。

創生学部のブログを続けてみてくださっている方はおなじみとなったかもしれませんね。なかなか珍しい大学教育×ネイチャーアクアリウムですが、創生学部では以前からこの取り組みを行っております。

 

基礎ゼミ~生命・環境のデザイン~の紹介

創生学部の1、2年生が協働して水槽レイアウト等を行っています。多くの種類の生物や水草をこの水槽でみることができますよ

↓過去記事はこちら

https://create.niigata-u.ac.jp/blog/1920/

 

また創生学部PV動画でも水槽作業の様子がうつしだされていますね!

創生学部公式PV↓↓↓【新潟大学創生学部公式 PV2019(最新)】

 

もっともっと何をやっているのか知りたい!!との声が聞こえてくるようです…

今回はもっと踏み込んで記事にしたいと思います。

 

ADAアクアリウムアマノに訪問

創生学部の二年生と基礎ゼミⅠで水槽に携わっている一年生が、5月3日(金)4日(土)5日(日)の3日間にネイチャーアクアリウム・ギャラリーで開かれた期間限定イベント「ADAスペシャルデイ2019」に参加してきました。

ネイチャーアクアリウム・ギャラリーは、ADA(アクアデザインアマノ)ワールドを体感できる場所です。ここではミニ水槽から3.5mの超大型水槽まで、約30作品のネイチャーアクアリウムが展示されておりました。熟練したプロが管理し作り出すネイチャーアクアリウムは圧巻で、とても美しく、まるで風が吹いているかのような水草のレイアウトや自然界をそのまま切り取ったかのような流木のレイアウトが目を引きました。

メモにぬかりない一年生

基礎ゼミⅠ,IIIでは昨年度に引き続き水槽作業を行っております。このイベントではADAの専門スタッフ水景の制作や維持、器具の使用方法などについての講演を聞いたり質問にお答えしてただくことができました。(水草の切り方などプロならではの実践的なお話も!)プロが作り出す多種多様なネイチャーアクアリウムを見て今後の活動のよい刺激となったのではないでしょうか。

ネイチャーアクアリウム・ギャラリーは巻駅から車で15分のところにあります

水草レイアウトコンテストへの挑戦

 基礎ゼミ以外にも水槽に関わっている学生がいます。創生学部2年生の2名は、30センチメートル水槽を使いADA主催で世界規模の水草レイアウトの祭典である「世界水草レイアウトコンテスト」にむけて作品を制作しました。

作業中にお邪魔して見学とインタビューをさせていただきました!こちらが制作中の様子です!

↓↓↓

メンテナンス中

 

コケを取る作業

 __________________________________________

インタビュー:創生学部2年ななこさん

Q.いつもはどんな作業をしているのですか?

A.ヒーターは水温を25℃に保てるよう冬場はずっと入れたり、コケを取る、水草についている卵から発生する小さな貝を取るなどの水槽管理のメンテナンスを週に数回行っています。

Q.大変なことは?

A.水の水質、温度変化を見極めることが難しいですね。また生態系の管理も餌をあげすぎると水槽がよごれるし、あげないと生き物が弱ってしまうので扱いが大変です。

Q.作業するうえで何か気づきはありましたか。

A.命は儚いなと。ちょっとしたことで生き物が死んでしまったりするので、繊細ですね。あと、水草や魚が元気がないことは感じとれるようになりました。

Q.コンテストにむけてこだわりポイントはありますか。

A.黄緑に注目するなど配色に気をつけて全体を明るい感じにできるようにしています。また立体感が出るよう、水槽の奥にボリュームを出すようにしました。想像通りに配置するのは難しいですが美しく見えるように気をつけています。

Q.ブログをみている人に一言お願いします。

A.皆さんもネイチャーアクアリウムをやってみませんか(^^)/

__________________________________________

ななこさん、ありがとうございました!

世界水草レイアウトコンテストの大きな目的は、水草レイアウトの趣味を個人で楽しむだけでなく世界中の人々と共有し、一緒に楽しむということのようです。コンテストの世界ランキング発表は2019年8月、結果はもう少し先、楽しみですね!

また、世界水草レイアウトコンテスト2019上位作品の発表や表彰式が行われるイベント「ネイチャーアクアリウム・パーティー」が2019年10月19日(土)・20日(日)の2日間、新潟市内で開催されるそうです。

 

最後に

 上手に共生していかなければならないはずの自然界と私たちですが、日常の中にある素朴な自然も遠く訪れたことのない土地に存在する壮大な自然も、当たり前かつ普遍に存在していくように思えてしまいますが全て大切にしていかなければ無くなってしまうかもしれません。ネイチャーアクアリウムはせわしなく過ぎていく毎日に、水中世界に広がる生態系を「見る」ことで自然界と私たちの関わりを意識させてくれるのではないかと思います。

それでは次回の更新をお楽しみに!