よっさこいしょ!

みなさんこんにちは!三年生の後藤翔太郎です。
今回はプロジェクトゼミでの活動について紹介しようと思います。

↓過去のプロジェクトゼミについての記事はこちら↓
プロジェクトゼミのある日

堀籠ゼミ

私は、創生学部の堀籠先生のゼミに所属しています。そちらでの活動方針として、個人研究と並行してチームで外部のコンテストに参加するというものがあります。ゼミのメンバーは10人いますが、5人ずつに分かれ、それぞれ別のチームで活動します。このブログのタイトルであるよっさこいしょというのはチーム名ですね。すごく気に入っています☺

今回私たちは大学生観光まちづくりコンテストというビジネスコンテストに参加しました!

大学生観光まちづくりコンテスト

大学生観光まちづくりコンテストは、観光まちづくりによる地域活性化プランを競うコンテストです。
「普段、大学で学んでいる知識・スキルを実際に活用して、地域に埋もれた資源を掘り起こし、新たなビジネスが地域で産まれ、地域経済が活性化するような、観光まちづくりプランが提案されることを期待しています。」とある様に、学生ならではのアイデアを期待されている様ですね!
「茨城ステージ」、「北陸ステージ」、「長崎のしまステージ」、「訪日インバウンドステージ」、「関東River Cyclingステージ」に分かれ、ビジネスプランを競いあいます。今回私たちは北陸ステージに参加しました!

活動開始!

ビジネスプランを考えるにあたり、私たちは福井県を軸に練っていこうと考えました。観光入り込み客数といったデータや「北陸って言っても、観光に行くのは大抵金沢だよねー」といった声を踏まえて、福井県がもっと盛り上がれば、北陸3県はもっと良くなる!と考えたからです!「実際に行ってみないと福井のことは分からない!」とのことで、私たちは7月にフィールドワークに行ってきました!

福井県の恐竜博物館!

福井県や石川県の加賀市を訪問し、各地を巡ってきました。

加賀市の移動は電動ビークル、「温モビ」を使いました!

もちろん、ただ観光するだけでなく、行政の方や観光に携わる方にヒアリングを行いました。プランを考える際にとても参考になったと思います!

加賀市の観光情報センターの方にヒアリングを行っている様子です。

2日間のフィールドワークを通じて、福井の魅力、楽しさを体感することが出来ました!

目指せ!本選

フィールドワークを終え、プランを練っていく作業に移ります。新規性はあるか実現可能なものかなど、考えなければいけないことが多くて難しかった…。意見があまり出ず苦しい時期もありました((+_+))

自分たちの思いを軸に考えていこうとなり、私たちの考える「観光まちづくり」とは何かを考える様になりました。各々の予定もあり、中々集まれない時期もありましたが、何とか、ビジネスプランが完成しました!

私たちの考えたプランです!

このプランで、予選を通過し、本選に出場できると決まった時は、本当に嬉しかったです!!

行くぜ!本選

ということで、9月6日に福井県で開催された「大学生観光まちづくりコンテスト 北陸ステージ成果発表会」に参加してきました。「やるからにはトップを目指そう!」ということでプレゼンの練習も頑張りました。残念ながら、賞をとることは出来ませんでしたが、一番最高のパフォーマンスが出来たと思っています。

悔しいけどやりきった!

学生にインタビュー

今回、チームのリーダーを務めた、創生学部三年の横田岬さんに一問一答形式でインタビューを行いました。(質問者 後藤翔太郎)
後藤(以下、後)
「なぜ、ビジネスコンテストに出場することを決めたのか、大学生観光まちづくりコンテストを選んだ理由を教えてください」

横田(以下、横)
「グループで話し合ってシンプルに一番面白そうなコンテストに出場したいと思ったからです。また、フィールドワークでゼミ全員で北陸行けると楽しそうだなと思ったからです笑。」


「活動中、大変だったことは何ですか?」


「チームのプランを決めるところです。全員がしっくりくるまで、妥協せずに話し合いました。」


「ビジネスプランを提案する時、何を大事にしましたか?」


「自分達が自信を持って『これだ!』って思えるものを作ることです。『観光を通してまちづくりをする』ことをコンセプトにし、貫きました。」


「活動に一区切りついた今の感想をお願いします。」


「結果を出せずに悔しい思いはしたけれど、最後までみんなと一緒に取り組めたことが心から嬉しいです。このメンバーじゃなかったら心が折れていたかもしれない。チーム、ゼミのみんな、堀籠
先生。たくさん応援してくれてとても感謝の気持ちでいっぱいです。」

横田さんの言う通り、賞を取れなかったのは本当に悔しい!…でも達成感はすごくあります。
忙しい時もあったけれど、やって良かったな~と強く思います!

最後に

以上、長くなりましたが、私たちのゼミの活動風景を紹介しました。
今回の活動を通して、「楽しい思いをするには、時に忙しくなる時もある」という高校時代に言われた言葉を思い出しました。
受験勉強も忙しく、苦しいと思います。実際私も早く終わってほしかった…。でもそれを乗り越えれば、絶対楽しいことが待ってます!私はあの時があったから今こうして充実した大学生活を送れていると思います。あともう少し、頑張ってください!

また、ゼミの様子を紹介できたらなぁと思います。もっと自慢したいくらいです笑。
これからも創生学部の学生ブログ、是非見てくださいね!!!

最後に福井県の名勝、東尋坊の絶景をどうぞ!