フィールドスタディーズ最終発表!

いよいよ発表!

どうも、はじめまして!ごとしょーです!
先日私たちが約四週間行ってきたフィールドスタディーズの最終発表がありました。
「フィールドスタディーズって何?」って思ったそこのあなた!
是非過去の記事を遡ってみてください。(きっと楽しいよ!)

フィールドスタディーズ最終発表一日目

一日目は7月27日(木)に行われました。
各班それぞれが自分のフィールドで感じたこと、学んだことを紹介していました。
練り製品の商品開発に参加したり、企業のwebサイトについての改善案を提案したりと・・・。
色々な成果がありましたが、その中から「新潟市① 大学連携新潟協議会」について紹介します!

新潟市① 大学連携新潟協議会

非常にカラフルな五人組ですね・・・。
彼らは新潟市の行っている「キャンパスからの提言」という取り組みに参加しました。
「2019年に新潟港が開港してから150年という節目を迎えるが、
みなとまち新潟を盛り上げるために何が出来るのか?」
という議題に学生の目線から政策提言をする。というものです。
彼らは「デートプランを提供することで、普段若者が来ないような場所にも足を運んでもらう」
という内容を発表していました(班員は全員男ですが・・・。)
この様にフィールド先は企業だけでなく、多岐にわたっていました。

フィールドスタディーズ最終発表二日目

二日目は8月1日に行われました。
この日も様々な班の発表がありましたが、その中から「福田組」班について紹介します!

株式会社 福田組


この班は中堅ゼネコンであるフィールド先での活動を通して、建設業界が抱える課題を学び、
学生の目線から将来への企画、提案を同世代の若者に発信することが学修のテーマでした。
建設業界が抱えるマイナスイメージ(大変そう、男社会・・・etc)を払拭するために
アットホームな雰囲気が伝わるようなカレンダーを作るという提案をしていました。
この様に二日間の最終発表で様々な意見や提案、そして成果が出ました。
質疑応答で用意されていた時間が足りなくなる班もありました。

こうして、無事最終発表は終了しました。そして、その後は・・・
楽しい楽しい懇親会!!!
「すごくいい発表だったよ。」、「お疲れ様!」というような声が飛び交い、
お菓子を食べながら、レクリエーションをする。
終始和やかな雰囲気で、会は進みました。

すごくいい笑顔です

こうして、第二タームに行われていたフィールドスタディーズは一つの区切りを迎えました。
(まだ活動のあるフィールドもある様ですが・・・)
これからも創生学部としての様々な活動は続きます。
学生ブログ、是非チェックしてくださいね!

ごとしょー