にいがた総おどりのボランティアに参加しました!

こんにちは。もんです!

9月も下旬に差し掛かってきており、少し肌寒いかなと感じる日も多くなってきましたが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

高校では夏休みが終わり、今まで以上に受験に対する
意識が高まっているのではないでしょうか。

確かに、今は毎月のように模試等があり、
体力的にも精神的にも辛い時期ではあると思います。
ですが、この時期を乗り越えた皆さんなら、来年の春に胸を張っていられると思います!

にいがた総おどりのボランティアに参加しました!

さて、本題ですが、タイトルにもある通り私は先日にいがた総おどりのボランティアに
参加してきました。

にいがた総おどりってなんだろう。と思った方は下記を参照ください。

にいがた総おどり

私が今回の活動に参加した理由は同じ創生学部に所属している学生から内容を聞き、
興味を持ったからです。また、私を含めて少なくとも4名の創生学部生が今回の
にいがた総おどりのボランティアに参加し活動を行ってきました。

このお祭りは今年は9月16日、17日、18日に開催されました。

私は9月17日に警備のボランティアとしてこのお祭りに参加させていただきました。
警備の仕事ということもり、かなり間近で踊りを見ることができました。

色とりどりの華やかな衣装を身にまとった人たちが、心を込めて様々なジャンルの踊りを
踊っている姿は、踊りについて全く知識のない私にも大きな感動を与えてくれました!

また、踊りについてだけではなく、効率的に業務を行うという観点から今回の体験を
振り返ってみても大変実りある経験をすることができたと実感しています。

細かく定められたプログラムを滞りなく運営するためには多くの人の配慮や努力が
必要不可欠であるということを今回改めて感じました。

片付け後の様子

←こちらが片付け後の様子です。
交通規制の関係もあり、会場での全プログラムが
終了し次第、速やかに会場の撤収が行われました。
リーダーの方の的確な指示の下、全員で協力して
迅速に作業を進めることができました。

 

 

最後に

今回、このお祭りに参加したことによって、上記のようなことを学べただけではなく、
新潟市の魅力についても理解を深めることができたと考えています。

今年の4月に新潟市に来てからまだ半年ほどしか経っておらず、新潟市に対する認識、理解が
まだまだ不十分である私にとって、今回のこの経験は大変貴重なものとなりました。

非常に多くのことを学べるボランティア活動なので、
来年は皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

それでは、今回はこのあたりで失礼させていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!

もん