長岡市についての話し合いを覗いてみました。

こんにちは!ちゃんちーもんです!

12月も中旬ということもあり、
寒さが厳しくなってきましたね。
皆さんは朝きちんと起きられていますか?
勉強ももちろん重要なことですが、規則正しい生活リズムをつくることも
重要なことであるので朝はきちんと起きましょうね!

さて、今回は、創生学部の学生が講義以外に、
どのような活動をしているのかを皆さんにお伝えしたいと思います!

では早速参りましょう!

長岡市についての話し合い

今回、私たちは「長岡市」に着目して活動している
団体の活動について皆さんにお伝えしたいと思います。

この団体は創生学部の有志や一部の教員によって構成されており、
9月頃から定期的に長岡市を訪問し、そこでどのような活動をすることができるのかを
模索しています。

今回の話し合いでは、今後どのように活動を進めていくのかについての
議論がなされていました。

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

話し合いが始まりました。

創生学部の学修室で、
話し合いが始まったようですね。
真剣な雰囲気が伝わってきます。

 

 

 

 

アイデア出し。

 

 

 

 

 

 

付箋をメンバーに配布し、長岡市で、どのような事を行いたいかについての
アイデアを記入しています。
どのようなアイデアが出てくるのでしょうか。

 

アイデア共有

一人一人が考えたアイデアをホワイトボードに貼り、全員で共有しています。
その際に口頭での説明やそれに対する質問を行い、理解を深めていました。
そして、それぞれのアイデアの内容の検討と分類を行い、整理しています。

アイデア一覧

こちらが内容を整理したものです。
今回は大きく分けて7種類のアイデアが出たようです。
次回の訪問からはそれぞれが挙げたアイデアを念頭に置き、
長岡市についての理解をより深め、活動を具体的なものにしていくそうです。

 

終わりに

今回の話し合いでは、上記の内容以外にも、
来年度どのように活動していくのかについても話し合われていました。
具体的な内容はまだ確定してはいませんでしたが、新入生の勧誘も視野に入れており、
学年を超えた団体として、継続的な活動にしていきたいと語っていました。

このように、多くの学生が皆さんに出逢えることを楽しみにしています。
センター試験直前ということもあり、本当に大変な時期だと思いますが、
自身の将来を見据えて、悔いの残らないように時間を使っていただきたいと思います。

みんなが皆さんを応援していますよ!

今回はここで失礼させていただきます。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

ちゃんちー、もん