教授 佐藤 靖YASUSHI SATO

リテラシー学修主担当

専門分野
科学社会学・科学技術史
研究室
総合教育研究棟A-611
所属/前職
人文社会・教育科学系(創生学部)

受験生へのメッセージ

いま日本の大学教育は大きく変わりつつあります。社会は新しい時代に対応した能力をもつ人材を求めています。全国のなかでもこのような変化にいち早く対応した本学創生学部で、自分の可能性を思いきり広げて下さい。

略歴

1972年新潟県上越市生まれ。1994年東京大学工学部卒業、科学技術庁(現文部科学省)で宇宙開発、原子力安全、研究費制度の設計などの行政事務を担当。その後米国ペンシルバニア大学大学院で科学技術史・科学技術社会論を学び、2005年博士課程修了(PhD)。同年帰国し日本学術振興会特別研究員、2008年政策研究大学院大学助教授、2010年科学技術振興機構研究開発戦略センターフェローを経て2017年より現職。科学技術と社会や政治・行政との関係について幅広い観点から研究を進めている。著書に『NASA-宇宙開発の60年』(中公新書、2014年)、『科学的助言-21世紀の科学技術と政策形成』(共著、東京大学出版会、2016年)など。

関心のある教育研究開発テーマ

テーマ1
現代社会において科学技術が果たすべき役割
テーマ2
国や地方自治体と科学技術との関係
テーマ3
第二次世界大戦後の科学技術の歴史

研究キーワード

科学技術政策
Science and technology policy
科学技術社会論
Science and technology studies
科学技術史
History of science and technology

関連リンク

https://sites.google.com/site/satoyasushi/

関心のある課題

  • 科学技術の急速な進展に対応した行政
  • 科学技術の急速な進展に対応した人材育成
  • 科学技術の進展に伴う社会構造の変化

学生時代からどのように課題発見・探求を続けてきましたか?
課題解決のためにどのようなアプローチをとりましたか?
どのような教育・研究をしてきましたか?

科学技術は、われわれに経済的な豊かさをもたらし、社会の安全性や利便性を向上させてくれます。また、科学技術は人類の知の限界を拡げるものであり、人類の未来の夢への先導役であるともいえます。一方で、科学技術はこれまで環境問題や巨大事故などの深刻な副作用を引き起こしてきた事実があり、科学技術と社会との関係は単純ではありません。最近では、生命科学や情報通信技術の分野を中心に科学技術の進展が急加速しており、それとともにわれわれの社会構造や価値観も大きく変容しつつあります。このような時代にあって、科学技術と社会との関係をどうデザインしていくか、その際に公的セクターはどのような役割を果たすべきかという問いを追求すべく、研究を続けてきました。

創生学部の教員として挑戦したいこと

グローバル化がとめどなく進展し、科学技術が急展開をみせる現代社会において、柔軟な創造力と適応力をもった人材がますます求められています。そのような時代に、広い視野をもって他者と協働しながら様々な課題に取り組むスキルを身につけることは大変重要です。創生学部の教員として、そのための環境を提供したいと思います。

メッセージ

高校生の方

今後世界がますます変化を加速させていくなかで、活躍の場を切り拓いていくためには、専門知識を身につけるだけでなく、それを状況に応じて活用し、課題を解決していく能力が必要になってきます。そのような能力を培うという意志をもつ学生を歓迎します。